リレー、「今使える」ものではあるんだけど、「これから使い続ければ意図した環境が保たれる」ものであるのかというのが私にとっての懸念で、まあ要するにリレーの提供するデータの特性はユーザにとってコントローラブルでないから

ある日スッとインスタンスが離脱したりする可能性は十分高いわけで、そう考えると個人の視点では (controllability の点で)リレー購読は HTL の充実に勝るものではないし、安定的に自分を満足させるものとして扱うべきでもないようだとそう思うわけ

スレッドを表示
フォロー

一方で、こういった「自分を発見可能にする」という観点ではリレー参加は(たとえ個人鯖であっても)一考に値するかもしれないという気持ちはある

なんだろう、発信は皆が常時行うのが良いが、受信はそうである必要はない……そう考えるならば、サーバがリレーからの配信を購読するメリットはかなり薄そうな気がしている (せいぜいフョヨーや RT の手間が減るくらい)

スレッドを表示

たとえば、「リレーサーバの web UI で気になるアカウントを複数選択すると、謎の json が表示され、それを自分のインスタンスにコピペで入力すると一気にフォローされる」とかも十分に現実的で、現状での実装よりインスタンス負荷も軽減できるだろうと

スレッドを表示
ログインして会話に参加
Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。