まあ結局どこまで人間に期待しているか、夢を見られるかみたいなところの違いなんだろうなぁという感想に落ち着く

集合知とかも、政治の迷走やら Wikipedia のくだらない書き換え合戦やら見ていると、集合知になるか集合痴になるかは集団次第じゃんという感じだし。
良質な人々のクラスタに属すれば良質な集合知が得られる、そうでない人々が多ければそうでなくなる、その程度のことなんじゃないかな

なので冷たい考え方になるけど、「自分の周りの人々をいかに良質な人々で揃え、関わりたくない人々から効果的に遠ざかるか」というのを主眼にすると主観的にはうまくいきやすいという感想がある。
まあ当然これはエコーチェンバー化とか視野狭窄とかのリスクはあるんだけど、「良質である」と「自分と思想が違う」は両立するので、そこを間違わないようにうまくやりましょうねとしか

フォロー

……という辺りの諸々を端的に表現すると、昔からたまに私が言ってる「選ばれし者のインターネッツ」になるわけです。あるいは「アホを救うのは諦めた」とか。まあいろいろな言い方はあるんだけど。

どんなクソ野郎でもインターネッツから排斥しようとは思わないけど、「私の方でできるだけ関わらずに済むよう遠ざかる努力をする」という方向にはなる

ログインして会話に参加
Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。