たとえばの話になるけど政治的弱者なんかが繋がったりするプラットフォームとしての分散 SNS もありえるわけで、そういう場合は何よりも検閲や運営による虐待を避けたいというのは優先度の高い要件になるので、 SNS が必ずしも楽しみを目的としているとは思わないなぁ

べつに私は SNS をどのように用いるべきかについて信念を持っていないけど、だからこそ、サービスやプラットフォームが中核の思想として何を据えるのかというのは重要だし明確に表明されるべきだと思っている。私なりの言葉で言うとそれは「哲学」なんだけど。

分散 SNS の「哲学」が個人単位での自治の権利であるとするならば、楽しいことよりも分散できることの方を優先するソフトウェアの方が私は信頼できる。たとえ個人的な利用目的が楽しみであっても。

結局何を本質とするかは実装者次第だしユーザは今あるものを使うしかない、だからこそ実装側でそういう思想や指針が事前に表明されてほしいんですよね。ユーザに最適でない選択をさせないために。

別の表現をするならば、「SNS とはこういうものである」という考えは多様なので、ユーザ視点でそれを語るのはほぼ無意味なんだよな。
「SNS の中でも、この実装はこういう思想で作られている」という具体的選択肢について、「私はこのような SNS を求めている」という個人的な価値観を共有した上で論じなければ得られるものがない。

たとえば人が多いことが良いことか否か、その一点だけでも人それぞれの考えがあるわけで

ログインして会話に参加
Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。