フォロー

W3C XML Schema Definition Language (XSD) 1.1 Part 2: Datatypes
w3.org/TR/xmlschema11-2/#anyUR

ふーむ……将来的に URI / IRI 関係の規格が更新される可能性を考えると、パーサは URIQualifiedName の URI が RFC 3986 / 3987 の意味で valid かどうかを検証せずユーザに任せた方がいいのか?

あと

> It is a static error [err:XQST0070] if the namespace URI for an EQName is `w3.org/2000/xmlns/`.

というのも地味に気になっている

w3.org/TR/2017/REC-xpath-31-20

このエラーはたぶん基本的には `xml` と w3 .org/2000/xmlns/ の名前空間は必ず互いだけに関連付けられているべきみたいな話なんだけど、 URIQualifiedName 中に出現する w3 .org/2000/xmlns/ はこれに反しているのか?そうは思えないんだけど

XML Path Language (XPath) 3.1
w3.org/TR/2017/REC-xpath-31-20

> XPath 3.1 requires a statically known, valid URI in a BracedURILiteral. An implementation may raise a static error [err:XQST0046] if the value of a Braced URI Literal is of nonzero length and is neither an absolute URI nor a relative URI.

であれば、処理系に意味解析でエラーを出すか決めさせるべきで、パーサ自体は BracedURILiteral で打倒な URI / IRI を使っているかの検証は避けるのが都合が良いか

ログインして会話に参加
Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。