ユーザが(主にリテラシ面での)実地教育を受ける機会がないというのも、ユーザの質の低さの要因として大きいだろうとは思う

で、だから何なのかというと、「(他人に協力を仰ぐにしても、原則は)自分でサーバを運営できる」人というのは、言動のアホさなどとは別に、最低限の知識と、リテラシを実地で身につけ鍛えた経験があるだろうというのが期待できるんですよ

フォロー

「知識と知性が十分なユーザだけいればいい」みたいなことを言うと、選ばれし者のインターネッツだの選民思考だの言われそうなんですけど、結局のところ私が期待しているのはそういう世界なんですよね。
べつに足りない人がインターネットを使うなと言っているのではなく、「足りない人が上がって来られない場所で平穏に生きたい」という話です

で、本来上がってこられなかった人が上がってきたらどうなるか、これをある意味シミュレーションしてくれたのがチュイッターの治安なわけです

ログインして会話に参加
Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。