まあ私もどちらかというとサーバ単位より (フォローグラフ的な意味での) クラスタの方が本質的な情報だと思っているので、「ソーシャルグラフ上での距離の近いユーザを列挙する」みたいな外部ツールが利用される方がより理想的ではあろうとは思わなくもないんですけど

misskey.io/notes/810axl5g8x

今まで思い付かなかったのが信じられないくらいなんだけど、「アカウント作成から1ヶ月間だけの間は LTL が有効化される」などの実装にすればフォローしたいアカウントの発見と長期的な HTL ベース運用が両立できるのでは

fediverse における収益化、「独占による利益の追求を避ける」という大前提がないとそもそもプラットフォーム選びが駄目じゃんみたいな感じがあるし、独占によらず利益を上げるのって相当なセンスが要るのではという気持ちがある

言ってみれば「検索エンジンが存在する以前の web」みたいな感じのもので十分だろうと思っている。
しかも Mastodon とかは短文投稿 SNS なんだから RT (boost) のコストは web サイトを更新して新たにリンクを張るよりも遥かに小さい。
すると遠くにいたユーザ同士に「存在を知る機会」が与えられるケースはずっと多いわけで、であれば尚更すべてを網羅する検索の必要性も薄いように感じる。

私の場合「過去に見たことがある/見られる状態であった投稿」を検索したいという気持ちが強くて、たとえば自分が TL にいなかったときのフォロワーの過去の投稿なんかは検索できてほしい。

逆に、「自分が知るはずのなかった情報/接点のなかった情報」を検索で知りたいという気持ちはあまりなくて、そういう意味では無条件に解放された検索をなくすことに不満もない。

マネタイズがどう以前の問題で、「中央集権商業サービスの戦略に反している」のよな、 ActivityPub は。

ActivityPub の表現力だけでも、「手持ちのアカウントで自由参加可能/登録制のチャットルーム機構」を作れる気がしている (未検証)

というより、むしろあらゆる通信を一手に担うネットワークを用意すると、パフォーマンスの要請から寡占は促進されてしまうので、国家による不可避の検閲を回避するためには我々が回線の太さを二の次であると認める必要がある

インターネッツも表面的な挙動ではたしかに分散システムなんだけど、バックボーンが寡占状態なのでいずれにせよ法からは逃げられない、その辺りが今のところのインタネッツ技術の自由のための戦いにおける限界よな……

各種 ActivityPub 実装の間でデータ移行を容易にするような標準があるといいんだけど…… (ベンダーロックインは防ぎたい)

こういうところについては、言論の自由以外の人権も危ういような場所にいる人の方が却って敏感なのだろうとは思う。喜ぶべきか悲しむべきか……

つまり、 twitter などと同じように fediverse にもクッソつまらん文句ばかり言う人が流入してくるだろうけど、 **自分専用インスタンスを利用している限りにおいて** そういった輩の影響を受けることはない。

kancolle.social/@Yashima/10310
fediverse は (うまく分散していれば) サービス全体のユーザを制御する「権威」が存在しない構造になっているので、その辺りは少なくとも既存の中央集権サービスよりはいい感じになるだろうとは思っている。
あとはクソデカ寄合所帯インスタンスをどう解体するかですね

本来ひとつだったものが「分散」するというよりも、「委託を余儀なくされていた権利をユーザに返す」というのが私の感覚です

fedibird.com/@noellabo/1029639
どこかの誰かがそれっぽいサイトを立ち上げてライターとして界隈の人々が寄稿するみたいなスタイルにすれば「メディア」は用意できそうみたいな気持ちがあるけど、はたしてそういう中央集権的ニュースサイトが分散 SNS のユーザとしてどうなのかみたいな自己矛盾は感じなくもないわね

もちろん誰のスパム情報を自動適用するかはフォローを選ぶのと同様に制御できて然るべきだけど

Show more

らりお・ザ・何らかの🈗然㊌ソムリエ's choices:

Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!