「自分が良いと思った人を HTL に集める」というホワイトリスト方式と、「なんだかいろいろな基準で人が集められていて、そこから気に入らない人を除外する」というブラックリスト方式、やっぱり適した機構は違うだろうし、同じ実装でまとめてやるのが本当に適切かはよくよく考えるべきですよね

やっぱり対等なアカウント間のフォロー関係というのは、プライマリには個人対個人のモデル化なんですよ。むろん技術的には集団の窓口としての運用も可能ではあるんですけど

快・不快の基準を共有できない人とは一緒にいない方が互いに快適なので、そこを無理矢理「場」とか「話題」とかで一括りにして個人間の相性抜きに人を集めると、そこでローカルルールやマナーが発生してしまうんですね

dtp-mstdn.jp/@noellabo/1015928

最近なんとなく感じているのが、ああいう flooding な TL を追いかける人たちは、もしかして個々の情報ではなく「話題の遷移」というある種のメタな情報を求めているのかなと

Mastodon と LTL とゆるやかなコミュニティの話を聞いていて思うんですが、実は誰も自分達の言う「コミュニティ」が何なのかよくわかってないしモデル化もしてないのでは?
まず誰かが「わたしの考えたさいきょうの『極めて緩やかなコミュニティ』」をモデル化してそれについて議論しないと、誰も同じものについて考えられない気がする

分散というのは権利の分散 (というより個人への “返還”) なので、アカウントを複数箇所に作るというのは「リスクの分散」ではあるけど、分散 SNS の第一の意義という文脈での “分散” とは少し意味合いが違うなという感想です (個人の感想ですよ)

一方で分散というのは最終的には「個人が集まって世界」というモデルで、現実だと個人同士の関係だけで社会を維持するのは困難なわけだけど、 SNS については社会の維持を目的としていないし物理的制約もまた全然違うので、「個人が集まって fediverse」というモデルは普通に成立します

decentralize と distribute の違い、イメージとしては、たとえば世界全体が脱中央集権されるときっと国家の連合になったりするわけですが、脱中央集権したからといって北の某国のような独裁が否定されるわけでもなく、自由が担保されるわけでもない

たとえば「法律は難しいんだから、法律を勉強するよりもクリエイティブな活動に専念したいし、してほしい」というのはとてもわかるんだけど、ほんまにそれでええんか? 自分に強く関わる部分知らんでええんか? と思いますし、それは「サーバ立てるのは難しいんだから〜」についても同様に思わなくもないわけです

だから収益化とか模索するのは大事かもしれないけど、基本的に自分のため以外にやるものじゃないと思うのよ

そもそも分散 SNS は BitCoin などとは違って、ユーザ数が多くないと成立しないような類の技術ではないから、集権を加速してまでユーザを集めようというのに SNS としてそこまで意義があるかと考えると疑問

まあこれらの話は今回の文脈とはちょっと違うかもしれないけど。

結局論点は「行動が (システムとユーザにとって) 不親切なユーザがいる」という問題を解決したいということであって、それに対して「発信者がもっといろいろできる機能を〜」というのはかなり効果が限定的というか、それができるなら既に今もっとマシな世界になってるはずなんですよ。
であれば、本当に実効性を求めるのなら変えるべきは発信者側ではなく (どうせ発信者はどうしようもないので) 、受信者側でのフィルタ能力やフォロー抑制といった機能ですよねと

その辺りの、「そうは言っても一部投稿を見たいのでフォローするしかねえじゃん」という話は
mastodon.cardina1.red/@lo48576
ここで議論したので

簡潔に言えば「不快な投稿を RT する人を自分でフォローしているのに、自分ではなくフォローしている相手を責めるのはおかしい」ということです

pawoo.net/@kinoking/1007529694
これ、原理主義者として物申すなら、「積極的に見ようとしていないのに見える」という状態 (特に LTL や FTL) が継続するのがまず根本的におかしいので、 LTL を使うのをやめろという話です
(まあ古い投稿なので言ってもしゃーないが)

mstdn.rinsuki.net/@rinsuki/101
そうなんですよね、結局「告知」というのはプライマリな作品発表スペースへのリダイレクトであってほしい (そこでメタデータが付くことはあるにせよ、本質的にはリダイレクト)

たとえば「お絵描きマンがソシャゲのスクショを延々と投げることに文句を言うアホ」みたいな問題もこの問題の延長で発生していることで、要するに「ギャラリーや作品に関する投稿」と「クリエイター個人としての投稿」が区別できてないんですよ。
で、そういう致命的に文脈が混在した使い方を推奨できるかという話で、少なくとも私はあまりおすすめできない

何が言いたいかというと、 twitter や Mastodon などのような形態の SNS をギャラリーのようにして使えてしまうと、フォローすべきかせざるべきか問題だとか拡散力の不足 (あるいは拡散力増加の代償として HTL の不快化) を促進するという問題が起きるよね、という話です

Show more

らりお・ザ・何らかの🈗然㊌ソムリエ's choices:

Mastodon

らりお (@lo48576) の個人インスタンス。 気紛れで master に追従する。 らりおの発言は、引用などを除き、明記なき限り CC-BY 4.0 ライセンスで提供される。