権力者やグローバルな何者かによる全体的な検閲に対抗するテクノロジとしての分散 SNS でもあるわけだから、モデレーションがローカルな範囲が限界になるのは当然であり意図されたものでもある

スレッドを表示

これは の文脈で何度か言ってきたことだけど、分散システムで「全てを見通す神」を想定することはナンセンスだし、 fediverse は○○である、という性質を技術面以外から語るのは大抵無意味というか「お前が見ている局所的なクラスタではそうなんだろう」という話でしかない (これは某氏のみへの空中リプではない)

スレッドを表示

スパムアカウントや迷惑ユーザに対してプラットフォームが発動できる強行措置の強さは、そのまま善良なユーザに対して発動できる理不尽な強行措置の強さでもある

が広告と相性悪いとかいうの、「逃げたければ逃げられる」が「避けたくばカネ払え」と相性が悪いというだけで、ユーザが喜ぶ広告を誠実に出せるのであれば普通に成立するでしょとは思う

スレッドを表示

Twitterと相互運用性:巨大プラットフォームではなくインターネットを修正せよ | P2Pとかその辺のお話R
p2ptk.org/freedom-of-speech/32

Twitter and Interoperability: Some Thoughts From the Peanut Gallery | Electronic Frontier Foundation
eff.org/deeplinks/2021/01/twit

この機構で私が実現したいのは「レビューへの信用の主観的なスコア集計の自動化」で、たとえば自分が目にするレビューにも「この人のレビューは一般に信用できる」とか「このレビューはむしろ疑念がある」などの正から負までの重み付けがあって、しかも「信用できる人が信用している人はちょっと信用してよさそう」という信用のチェーンとスコア減衰がある。

これはまさしく Web of Trust の目指したところだけど、静的なスコアでなくレビュー活動自体を分散 SNS の機構に載せることができるような気がしている

スレッドを表示

ActivityPub に分散レビューシステムを載せられる気がしているんだよな。
投稿がレビュー、拡散は任意の倍率 (負を含む) の減衰つきでのレビューへの信用の評価と表明、という感じで。
問題はレビュー対象をどう名寄せしていくかだけど、とりあえず URI だけを対象にしても使い物にはなる気がする

git.gnu.io の gnu-social は2年前から更新されていないのに対して notabug.org の gnu-social は頻繁に更新されていて ActivityPub プラグインも入ってる、つまりこれは実質的に上流が移動されたという解釈でいいのか?

スレッドを表示

が話題になりはじめた当初から徹底して「受信者側でフィルタしろ、発信者側を規制するな」と言い続けているし、今でもそう考えているので

あるいは「Twitter は Twitter サーバにローカルな投稿しかできない」とでも言えば通じるだろうか?
インスタンスローカルな投稿はそういうロックインとか分散阻害を促進するおそれが強い

スレッドを表示

特に「どのサーバにいても (データのインポートなどすれば) 同様のことができる」というのはとても重要だと思うのよ。ロックインを防ぐ仕掛けの中枢でもある

スレッドを表示

「フォロワー限定」とかであれば、明確に「受信者の関心の有無」で分類されているしユーザの所在地によらないから有意義だと思うけど、インスタンスローカルな投稿は、受信者の関心の有無に無関係である点とユーザの所在地が影響を与えるという点において、分散 SNS に適合した概念だとは思えない

スレッドを表示
古いものから表示

らりお・ザ・何らかの🈗然㊌ソムリエ によるおすすめ:

Mastodon

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。