そもそも文化を作りたいなら分散 SNS 以前のプロダクトも沢山あるわけで、あえて ActivityPub に乗せなくても別の方法で連携できたのではという (そういうプロトコルがどれだけ提案され実現されたかは知らないけど)

「分散を突き詰めると ISP や国家を自前で持つ必要がある (からそんな無駄なことを考えるのはやめろ)」という理屈は、
「人権保護を突き詰めると人間は一人しか存在しない必要がある (からそんな無駄なことを考えるのはやめろ)」という理屈と同じですよ

LTL はユーザの指示によらず勝手に構成が変化するという点では、ユーザ個人のコントロールが及んでいなくて、他にもいくつかの点で分散 SNS においては異質というか、あまり良い性質 (これはテクニカルターム) を持っていないように感じられる

Decentralized Identifiers (DIDs) v0.13
w3c-ccg.github.io/did-spec/
A Primer for Decentralized Identifiers
w3c-ccg.github.io/did-primer/

ユーザ ID がドメインや特定のオリジンサーバに依存してしまう点については、 decentralized identifier という規格が W3C によって提案されていて (勧告になるかはわからないけど)、そっち方面での技術的な解決も期待できますね

そもそも「どのハブを信用するか」とか「誰が信用している署名を信用するか」というのも (個人レベルに分散していれば) 個々人の裁量でサーバに設定を入れられるので、 Web of Trust の仕組みはそういった意味でも相性は良さそうだと思うんですけどね

なので、現行の AP にうまく載るかはわからないけど、分散 SNS 的には「fediverse 外の情報もいい感じの署名とかが付いていれば真正性を確認できる情報として (オリジンが AP を喋らなくても) 受け入れる」みたいな仕組みは、少なくとも原理的には可能だと考えている

で、ひとたび署名が信頼に足ると確認できてしまえば、もはやキャッシュとかオリジンとかいう区別に大した意味はなくなるわけですね。情報の真正性は「どこから発信されたか」ではなく「どの鍵で署名されているか」で認識されるようになるので

yakumo.foundation/@yakumo/1026
ニコフレで生存バイアスがかかったユーザが多かったうえでベスフレへの移行で、定着していて熱意のあるユーザのみがフィルタされたという特殊な事情が効いているのかななどと思っている (どっちも使ってないので実際どうなのかは知らんけど)

やはり fediverse 版の OpenID 的サムシングが欲しくなるのよなぁ……

minohdon.jp/@toneji/1023193146
サービスはいつか消えるしプロプライエタリだと互換性担保もほぼ不可能だけど、オープンなプロトコルやデータ形式は消えたとしても互換性を保ったり変換をかけて次世代サービスに繋げる手がある。この辺りがオープンであることの大事さですよね。
板垣が死んでも自由は死なないみたいな話 (適当)

今まで聞いた Mastodon 系統とか PeerTube のようなものはあくまで「個人の関係や誰かが作った/共有したコンテンツ」が主題だったのでコミュニティや場を特定の誰かが管理するというのは過剰な権力だったわけだ。
フォーラムのような「誰かの持ち物だが広く共有された何か」を主題とする (できる) ようなソフトウェアは (私の聞く限りでは) 分散 SNS でありながら大規模であることが合理的に見える初めての例かもしれない

dtp-mstdn.jp/@noellabo/1023208
権利を持つ者が自分で連合に接続するサービスを提供するというのが分散なわけで、そういう点では、たとえば特定のソフトウェアか何かのフォーラムとかみたいな「特定の者が管理者として君臨する」在り方が合理的であるようなケースにおいては中規模・大規模のサーバというのも十分ありえると思うのよね

misskey.io/notes/7u6wyusnc6
misskey.io/notes/7u6x2bal0x

その辺りの「自由とかべつに大事だとは思ってない人が踏み荒らせるような敷居の低さ」みたいなのもあまり良くない方向に作用しがちなんだろうなという気持ちもあり、ゆえに私は fediverse 概念の理解を不要としてまで無理に人を呼び込むものではないというスタンスでいる

こうして状況が滅茶苦茶になってきた中で、そろそろ Mastodon に限らず任意の ActivityPub サービスで使えるクライアントアプリを揃える手段として Client-to-Server protocol の実用を真剣に検討する段階なのではと思えてきます (規格策定が必要ならそれも含めて)

odakyu.app/@ars42525/102298714

結局検閲で快楽を得てしまった人間の行く末はひとつなんだよなぁ……だからこそシステムが原理として検閲を禁じることに価値があるし、プロトコルを揃えることでいつでも代替に乗り換えられることが重要といえる

少なくともそういったことを宣い或いは賛同する人々が fediverse インフラの一部として中立に振る舞うつもりはないということは読み取れるし、私はその姿勢には明確に反対していきたい

Twitter代替と言われたマストドンの今。多様性を保つ脱中央集権的SNSの魅力は今も | ハーバービジネスオンライン
hbol.jp/191566?display=b

Show more

らりお・ザ・何らかの🈗然㊌ソムリエ's choices:

Mastodon

らりお (@lo48576) の個人インスタンス。 気紛れで master に追従する。 らりおの発言は、引用などを除き、明記なき限り CC-BY 4.0 ライセンスで提供される。